自動車リサイクル法って何?

自動車リサイクル法とは?

自動車やバイクはリサイクルしても約20%のリサイクルできないゴミがでてしまいます。そのゴミは埋立処分されているのですが、その埋立地である最終処分場も残りすくなくなり、ゴミの量を減らす必要性があり2005年1月1日にスタートしたのです。つまりゴミを減らし、資源の有効利用や環境保全を目的としてはじまったわけです。

●リサイクル料はいくら?
現在車を所有しているかたはリサイクル量を支払っているとおもいます。あなたのリサイクル料はいくらかしっていますか?リサイクル料金は車のメーカーや車種によって1台いちだい違うそうで、各自動車メーカーのホームページで調べることができます。わたしの場合、トヨタ自動車のノアに乗っているんですがそれが13,100円〜13,700円でしたよ!!また、廃車引取り業者でも値段を調べられると思いますので、うかがってみてください。

●リサイクル料はなにに使われているの
わたし達が支払ったリサイクル料はどこで何に使われているのか疑問に思いませんか?それは国の指定を受けた(財)自動車リサイクル促進センターがきちんと管理をおこなって居るそうで、シュレッダーダスト(リサイクル後のゴミ)の軽減やエアバック類、カーエアコンに使われているフロン類の適正処理やリサイクル料金の管理や廃車の情報管理に利用されていているんだって。

●リサイクル券
リサイクル料を支払うと証明としてリサイクル券が発行されます。車検を受けるときには、リサイクル料を払っているか確認がありますので廃車するときまできちんと保管する必要がありますので、車検証と一緒に保管しておくことをおすすめします。
また、車を売るときには次の所有者からリサイクル料金を受け取る権利あるのです、つまりわたしがAさんに車を売ったとしましょう。わたしはAさんからリサイクル券に記入されている金額と車体代金をもらうことができるというわけです。

pickup

ハーバリウム 通販

最終更新日:2018/11/29