車税の種類

車税の種類

車を取得するとさまざまな税金を支払わないといけなくなります。『 自動車税 』 『 軽自動車税 』 『 自動車取得税 』 『 自動車重量税 』などがあります。
そのわたし達から徴収したこれらの車税は何に使われているか知っていますか?国や都道府県、市区町村にとって道路の整備や台風のときに被害が起こりやすい河川整備、または子どもたちの教育などわたしたちの生活の中で使われているのです。
しかし毎年、年度末になるとみょうに道路工事が多いと感じませんか?去年もこの辺整備していなかったかな?!と思うのはわたしだけでしょうか!!みなさんから集めた大切な財源ですから大切に本当に必要なことに使われてくれれば嬉しいですよね。

 

納税の種類
納税場所
金額
納付時期
自動車税
都道府県
500ccごとに高くなる

毎年5月31日までに支払います

軽自動車税
市区町村
一律7,200円
毎年5月31日までに支払います
自動車取得税
都道府県

車の取得価格によって
・自動車なら取得価格の5%
・軽自動車なら取得価格の3%となります
50万円までなら無税となります

新車を購入したときや中古車を購入したときなどに支払います。
自動車重量税
500kgごとに高くなる
車検時に支払います

 

以上の税金以外にも車を購入すると、ガソリン代、自賠責保険料、任意保険料、車検料金、定期的なメンテナンス代金などたくさんのお金がかかります。そのことを十分に理解し、自分の収入にあった車の購入を検討してください。

check

保健科学東日本の企業理念

2017/8/4 更新